ちいさい人のちいさいお家

築25年アパートで、のんびり木工や手芸をしています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
ラック整理用のBOX(制作過程)と隠し釘のやり方 :: 2013/09/14(Sat)

DSCF4920.jpg
BOX、こちらは小さい方です
4本の桧(ヒノキ)の板から大小2つのBOXを作りました (* ̄∇ ̄*)
DSCF4901[1]

ボンドで止めました
DSCF4906.jpg
底板のベニヤ板も切っておきます


◆隠し釘◆
釘打ち・・・の前に下穴を開けておきます
板の厚みがあまりないので、いきなり釘を打って斜めに入ると
側面から釘の先が見えてきたり失敗しやすいです
今回唯一の電動工具 (゚m゚*)
DSCF4911.jpg
釘を打ちますが、最後まで叩かないで止めます
DSCF4912.jpg
「喰い切り」という道具で釘の頭を切り取ります
びっくりするくらい簡単にできますよ
DSCF4915.jpg
この飛び出た部分を打ち込みます
・金づちには、やや曲面になった面があるので、そちらで叩く
・またはポンチ(釘締めとも言う)をあてて金づちで打ち込む
DSCF4913.jpg

DSCF4916.jpg
こんな感じです
見た目は市販の隠し釘と同じ感じです
メリットはわざわざ買わなくても手持ちの釘で隠し釘が作れること
しかも道具があれば安く
デメリットは・・・なんだろう?めんどくさい??

今回、前面に釘の頭がでるのでこんな感じで目立たないようにしました
ボンドと併用です
強度の必要な場所には向きません(^_^;)

DSCF4917.jpg
切り取った釘の頭が側面から飛び散るから、
私はこんなふうにビニルテープを巻いています
そういう爪切りありますよね
ビニルテープは伸びがあるので
このまま開いたり閉じたりができます
使い終わったらテープは外しておきます
じゃないとテープが劣化してべとべになりますのでお気をつけて

明日は息子の下宿先へ行ってきます~♪
ここよりずっと都会なので満喫しているみたい(*^ー^*)v
娘の誕生日が近いので案内してもらって服を買う計画です
スポンサーサイト


テーマ:DIY - ジャンル:ライフ

  1. DIY キッチン